個人民事再生と住宅ローン

【個人民事再生】と住宅ローンの関連性について
個人再生の場合の住宅ローンは、借金総額に含有されません。
この住宅ローン以外にとても多くの借金を抱えている方達は個人再生についての検討をしているかもしれません。
この個人再生と言うのは、借金総額が5000万円以下の時に裁判所へ申し立てが可能になってきます。しかしこの借金総額の中に
住宅ローンは含有されません。ですのでこの個人再生が認可されれば、借金の返済と並行して住宅ローンの返済もする事になります。
個人再生と言うのは住宅ローン以外である借金が5000万円以下の時で、ある一定の収入が将来予想される方達が利用可能な制度になってきます。
借金の整理をする方法がこの個人再生になりますので、住宅ローンを以外の借金の中の一部が免除される事になってきます。
この個人再生によって借金そのものが無くなる事は無く、裁判所が認可した借金を今後3年間によって完済する事になってきます。
また自己破産と個人再生の相違は、自己破産そのものは借金全てが無くなりますが、不動産な生命保険などの自ら財産も失う事になります。
けれどもこの個人再生の場合は、不動産などの処分も無いので、現在の住まいもそのままで借金の返済をする事になります。
住宅ローンの残がある時は、その支払と同時に裁判所が認可した借金を返済する事になるのがこの個人再生になってきます。

  ≪ 前の記事: を読む   次の記事: を読む ≫
△PAGE TOP